留守時に活用できる|中古マンション投資を成功させるためのセミナー受講
住宅模型

中古マンション投資を成功させるためのセミナー受講

留守時に活用できる

集合住宅

長期間家を留守にする場合、不安に思うことがたくさんあります。セキュリティ面や、建物の維持などさまざまありますが、その不安を解消してくれるのがリロケーションです。リロケーションとは、自分の家を一定期間他人に貸し出すというものです。長期間家を空ける場合、空き家にしておくということもできますが、2年以上放置しているとどんどん家は汚れてしまいます。また、密閉状態になるので、家が傷んでいくペースも早くなっていきます。しかし、リロケーションをして他人に賃貸することで、換気をしっかり行なうことができますし、定期的に掃除もしてくれます。そのため、家も傷まずに済むのです。

リロケーションを行なうことで、家賃収入を得ることができます。しっかりと家賃を払ってくれる人なら、質が高い入居者ということが判断できるので、安心して家を貸すことができます。便利なリロケーションですが、他人に賃貸することによって、劣化することもあります。また、通常の賃貸経営よりも賃料を安く設定する必要があります。このような点も理解していないと、トラブルに発展する可能性があるので注意したほうが良いです。リロケーションの流れとしては、留守をする3ヶ月程度前までにリロケーション会社を決めて、申し込みを行ないます。入居者を募集して、家の手入れを行なったら入居者を決定します。入居者が住んでいる間に問題があった場合は、リロケーション会社が仲介してくれるので安心です。入居者が退去した後は、損傷などを確認して査定を行ないます。最終的に雑費を精算したら、自宅に戻ることができます。

Copyright © 2016 中古マンション投資を成功させるためのセミナー受講 All Rights Reserved.